オセラ別冊vol.1 知ることから始めよう。岡山のSDGsオセラ別冊vol.1 知ることから始めよう。岡山のSDGs オセラ別冊vol.1 知ることから始めよう。岡山のSDGs
  1. Home
  2. 本誌連動企画
  3. おかやまの病院2021[全県版]

おかやまの病院2021[全県版]

医療法人 天和会 松田病院

  • 情報掲載日:2021.03.25
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

【エリア】倉敷市
【診療科目】外科 消化器外科/肝臓・胆のう・膵臓外科/整形外科/泌尿器科/麻酔科/内科

医療法人 天和会 松田病院

医療の質と環境の両輪で地域の外科医療を支える。

医療法人 天和会 松田病院
JR倉敷駅最寄りの有床病院として、地元はもちろん、県内各地の患者を受け入れ、長年外科治療を提供し続けている

患者のためにけんめいに働く父の姿にあこがれて医師を志し、慶応大学医学部へ進学卒業後は外科医師として外科治療の最前線で活躍し、30歳代なかばにはゲノム医療の権威で、「ノーベル賞を受賞する可能性が高い日本人のひとり」として知られるシカゴ大教授(当時)の中村祐輔氏のもと、がん免疫研究にも従事した松田達雄医師。帰国後は、その豊富な経験と実績を携えて古巣に戻り、華々しいキャリアを築く未来もあっただろう。けれど松田医師はあえて故郷・倉敷に戻り、 祖父が開いた『天和会 松田病院』で家業を継ぐ道を選んだ。同院が開院以来掲げてきた理念「家庭的な環境のもとに、高度で良質な医療を提供するよう研鑽を重ね」続けてきたことに、強い使命感とやりがいの大きさを感じたからだ。

確かな信頼関係のもとで経験と外科技能を発揮。

患者の望みはいうまでもなく、一日も早く病を克服し安らかな日常を取り戻すこと。その道のスペシャリストと充実した設備環境が整う大病院であれば、確かに医療の提供を通じてよりしっかりとその想いに応えることができるだろう。けれどいっぽう、急性期医療を担う大病院の執刀医は外科手術を行うのみで、手術前後の検査や再発時の抗がん剤治療、その後の療養はそれぞれ別の診療科や療養期病院が対応するケースがほとんど。もともと医師の入れ替わりが活発な環境でもあり、医師と患者が1対1の深い信頼関係を築くのはなかなか難しい。それに対し、風邪やねんざといった日常的な病気やけがの治療なども行い、地域に根ざした「かかりつけ医」としての機能も果たす同院は、医師と患者の距離が極めて近い。 もちろん、外科の専門病院としては年間400例近い外科手術を実施。『一般社団法人 日本肝胆膵外科学会』からも「より難度な手術をより安全かつ確実に行うことを目指す外科医師の育成環境がある」として「肝担膵外科高度技能専門医修練施設」に認定されていることからも、技術レベルの高さがうかがわれる。「当院には6名の外科医師が在籍し、そのうち3名が日本内視鏡学会内視鏡専門医の資格を有しています。私自身は腹腔鏡手術を得意としていますが、当院は肝臓がんの開腹手術の実績も豊富で、その症例数は県内トップクラス。大病院と比べても決してそん色ないレベルの外科治療を提供していると自負しています」。

術後の検査から療養まで患者に向き合い続ける。

一般的に、病床数130床あまりの同院と同規模の中小病院は、転院患者の受け入れ先として大病院をバックアップする立ち位置に置かれることが多い。しかしながら同院は、急性期病院としての役割を果たしながら、再発後の抗がん剤治療から、もし患者が望めばその後の療養期まで、訪問診療・訪問看護を通じてしっかりとその経過を見守り続けている。そんな同院に対しては、患者のみならず各地の開業医からの信頼も極めて厚く、西は笠岡市や井原市、北は新見市や総社市など県北部・西部の広い地域から訪れる患者が後を絶たないという。「よりよい医療を担保することはもちろんですが、患者さん、そしてそのご家族の方たちに前向きに治療に臨んでもらうためには、医師との信頼関係が絶対不可欠。地域に根ざした外科の専門病院として、今後も大病院に負けない医療と家庭的な環境の両輪で地域医療に貢献していきたいですね」。

医療法人 天和会 松田病院
医療法人 天和会 松田病院
診療時間
9:00~12:30 ×
15:00~17:30 × × ×
※午前の受付は8:00~、午後は14:00~
※祝日は休診。ただし、急患は時間曜日問わず対応可能

Information

医療法人 天和会 松田病院
住所
倉敷市鶴形1-3-10 MAP
電話番号
086-422-3550 
駐車場
97台
HP
http://www.kct.ne.jp/-matuda/

<消費税率の変更にともなう表記価格についてのご注意>
※掲載の情報は、掲載開始(取材・原稿作成)時点のものです。状況の変化、情報の変更などの場合がございますので、利用前には必ずご確認ください
※お出かけの際は、ソーシャルディスタンスの確保やマスクの着用、手洗いや消毒など、新型コロナウイルス感染予防の対策への協力をお願いします

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS