First maps|ファーストマップFirst maps|ファーストマップ First maps|ファーストマップ
  1. Home
  2. ライフ
  3. 《瀬戸内市クラウドファンディング》子どもたちに誇れる未来のカタチをつ…

《瀬戸内市クラウドファンディング》子どもたちに誇れる未来のカタチをつくりたい。「タウン情報せとうち」発行へ!

瀬戸内市クラウドファンディング

  • 情報掲載日:2021.02.16
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

瀬戸内市の若者たちが立ち上がり、街を元気に!

青く輝く瀬戸内の空と海、オリーブの木々が悠々と根を張る大地、穏やかな陽光のもとに住まう人々の温かさ…。

日本のエーゲ海と称される牛窓町、国宝・上杉謙信の愛刀「山鳥毛」のふるさと長船町、大正浪漫・竹久夢二のふるさと邑久町。そんな個性的な3町がある瀬戸内市

しかし、人口減、高齢化の波に加え、コロナウイルスの影響がこの街を直撃。多くの企業やお店が苦境に立たされ、中でも、飲食店、宿泊業、観光業への影響は計り知れないものとなっている。

そんな状況を打破すべく、市内の若手経営者・後継者が立ち上がった。

地域の学生や事業者とアイデアを出し合ったり、一緒に商品開発したりすることで一枚岩となり、瀬戸内市を盛り上げていく…。

そんな取組みで、瀬戸内市の未来のカタチをつくりたいと考え、クラウドファンディングのプロジェクトが立案された。

「タウン情報せとうち」を発行したい!

今回のプロジェクトは、クラウドファンディングで支援を募り、瀬戸内市に住み、瀬戸内市を愛する人たちによる「瀬戸内市の情報発信冊子」として、地域情報冊子「タウン情報せとうち」を制作したいというもの。

制作に必要な一部資金をクラウドファンディングサービス「晴れ!フレ!岡山」を活用。一定額以上の支援者には各事業者の店で使えるクーポンチケットや特産品、宿泊券などの返礼品が用意されている。

この冊子は無料で配布をされるほか、『月刊タウン情報おかやま』4月号にブックインブック形式で挿し込まれる。

全24ページ展開で、ショッピングやグルメ情報のほか、牛窓、長船、邑久のエリア別の見どころや立ち寄りスポットなどを紹介。市内の事業者だからこそ知るニッチかつ、深い情報が盛り込まれる。掲載店舗で使えるクーポンも付いているので、お得&便利に活用できそうだ。

そのほか、各事業者の情報をInstagramなどのSNSを活用しながらメディアミックスで盛り上げ、最終的にはWeb版「タウン情報せとうち」に集約。地域ブランディングに役立てていく予定だ。

「タウン情報せとうち」掲載店舗で使える「ぐるぐるせとうちチケット」が発行されるほか、特産品、宿泊券など魅力的なリターンを盛り込んだプランが用意されているので、ぜひ確認してみよう。

クラウドファンディングの詳細はこちら

今回取組んでいるクラウドファンディングの詳細はこちら。

https://readyfor.jp/projects/tj-setouchi

まずは上記にアクセスを。

興味を持ったら、応援、協力、支援を!

問合せ

<消費税率の変更にともなう表記価格についてのご注意>
※掲載の情報は、掲載開始(取材・原稿作成)時点のものです。状況の変化、情報の変更などの場合がございますので、利用前には必ずご確認ください

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS