1. Home
  2. ライフ
  3. みんなのチカラで、国宝の備前刀「山鳥毛(さんちょうもう)」の里帰りを…

みんなのチカラで、国宝の備前刀「山鳥毛(さんちょうもう)」の里帰りを実現させよう!

  • 情報掲載日:2018.12.15
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
山鳥毛里帰りプロジェクト

現在瀬戸内市が実施している「ふるさと納税」を基本としたクラウドファンディングの取り組みが「山鳥毛里帰りプロジェクト」。上杉謙信の愛刀としてその名を馳せる備前刀の最高峰「山鳥毛(国宝)」を、生まれ故郷の備前長船に里帰りをさせよう! というものだ。

文化価値の高い国宝「山鳥毛」を備前刀の故郷岡山で守っていきたいという願いと、世界が注目している美術品である優れた日本刀を市民の財産にすることで文化継承の機運を高め、刀工が育つまちとしての風土を育みたいといった思いが、今回のプロジェクトの大きなきっかけとなっている。

目標金額は5億円ですでに多くの寄付が寄せられており、日々県内外の人々に向けて支援の輪を広げているところ。このプロジェクトに協力をするには、ふるさと納税を利用するなどいくつかの方法があるので、下記のアドレスにアクセスして、詳しく調べてみよう。プランや条件によって、さまざまな返礼品も用意されているので要チェックだ!

5000円以上の寄付をした場合には「ふるさと納税に対する返礼品」とは別に、県内27カ所の文化施設に無料や割引料金でお得に入館できるパスポートが贈られる。

そのパスポートを提示すれば、瀬戸内市の『備前長船刀剣博物館』『瀬戸内市立美術館』のほか、『倉敷刀剣美術館(倉敷市)』に無料で入館することができる。期間は2021年3月31日(水)までで回数制限はないので、何度でも足を運ぼう。そのほか『岡山市立オリエント美術館』『大原美術館』『津山郷土博物館』などの24施設では、入館料の割引といったサービスが受けられる(対象期間は各施設で異なる)。

また、一緒にこのプロジェクトを盛り上げてくれる「山鳥毛里帰りサポーター」も募集中。ひとりでも、グループでも、家族でもOK。メンバーシップカードやニュースレターなど、さまざまな特典が用意されているので、興味のある人はぜひ応募しよう。

多くの人がそれぞれのカタチで関わることができる「山鳥毛里帰りプロジェクト」。歴史好き、刀剣が好き、岡山が好き、故郷が好き…。そんなあなたは、ぜひとも詳細を確認してみよう!

Information

山鳥毛里帰りプロジェクト
実施期間
【個人版ふるさと納税】実施中~2019年1月31日(木)
【企業版ふるさと納税】実施中~2019年3月31日(日)
問合せ
(クラウドファンディングについて)
瀬戸内市総合政策部秘書広報課
(月~金曜 ※祝日はのぞく8:30~17:15)
電話番号:0869-24-7095
 
(サポーターについて)
瀬戸内市教育委員会 社会教育課
(月~金曜 ※祝日はのぞく8:30~17:15)
電話番号:0869-34-5604

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS