『岡山ラーメン本2022』『岡山のおいしい店(ごっつぉ)』2022年版 『岡山ラーメン本2022』
  1. Home
  2. ライフ
  3. 《ロケ地決定!》作品撮影ロケ地が、鏡野町に決まりました!

映画『カオルの葬式』制作ログ

《ロケ地決定!》作品撮影ロケ地が、鏡野町に決まりました!

  • 情報掲載日:2021.11.22
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

岡山県をメインに制作を進める映画『カオルの葬式』。制作準備、撮影ロケ、そして作品完成、上映まで。世界に向けて発信する映画とこの作品に関わる人々の記録。
※作品タイトルは『Performing KAORU’s Funeral』の直訳仮タイトルになります。

ロケ地が、岡山県鏡野町に決定!

現在、県内を鋭意ロケハン中の映画『カオルの葬式』制作陣から、核となるロケ地決定のニュースが入りました!

気になるその場所は、名湯・奥津温泉がある鏡野町です。

今作は、カオルという女性の遺言で執り行われる、通夜と葬式の2日間の物語。そして、カオルを取り巻く人々の群像劇でもあります。

県内在住の皆さんはご存じの通り、鏡野町は、奥津温泉をはじめ、奥津渓や岩井滝などを代表するような豊かな自然があるエリア。そういった風景が、出演キャストが織りなすドラマをどう引き立てるのか楽しみです。

核となるロケ地のリサーチについては、湯浅監督を中心に、今年春から長期的に取り組んでおり、この度やっと作品の世界観にぴったりな場所が見つかったそう。

鏡野町でのロケ地決定について、湯浅監督は、「温度感のある、色彩豊かな原風景が町内にたくさんあり、ぜひここで撮影をしたいと思いました」とのこと。

▲鏡野町でのロケハン風景

ロケ地が決定したことを受け、湯浅典子監督&シモエダミカ プロデューサーが、11月1日(月)に、山崎親男鏡野町長に表敬訪問を行いました。

また、鏡野町商工会と岡山県商工会青年部連合会/商工会青年部にも表敬訪問を行い、皆さんから力強い応援をいただけるとのこと。

地元の方の応援があることで、より作品の魅力が高まりそうですね。

またロケは、鏡野町以外でも県内全域で目下調整中。また、ロケ地決定の続報が入り次第、お知らせいたします。

皆さんのお住まいの地域が映画に登場するかも!? 楽しみにお待ちください!

Information

問合せ:PKFPパートナーズ
e-メール:mikanoriko.mikanoriko@gmail.com
[Facebook]@PKFPpartners

<消費税率の変更にともなう表記価格についてのご注意>
※掲載の情報は、掲載開始(取材・原稿作成)時点のものです。状況の変化、情報の変更などの場合がございますので、利用前には必ずご確認ください

関連記事

SNS