『岡山ラーメン本2022』『岡山のおいしい店(ごっつぉ)』2022年版 『岡山ラーメン本2022』
  1. Home
  2. ライフ
  3. 《子どもがコロナにかかった時の対応について》『岡山県医師会』からのお…

《子どもがコロナにかかった時の対応について》『岡山県医師会』からのお知らせ。気になるお子さんのコロナ感染。症状や対処方法、緊急性の判断について。

岡山県医師会/子どもがコロナにかかった時の対応について

  • 情報掲載日:2022.07.22
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

『岡山県医師会』からのお知らせです

今回の記事は、子どもの新型コロナウイルス感染に対する『岡山県医師会』からのお知らせです。

『岡山県医師会』によると、新型コロナウイルス感染症第6波では子どもの感染事例も多く、それに伴う休日夜間の救急要請や救急外来の受診が急増。時間外の小児診療体制がひっ迫することもあったのだとか。

そこで『岡山県医師会』では、小児間での感染拡大が懸念される夏休み期間に備え、子どもが感染した場合の症状や緊急性の判断基準についてのパンフレットを作成しました。

「うちの子、もしかしてコロナかも⁉」と不安に感じたときの参考にしてみてください。

子どもの感染症状と対応方法

子どもがコロナに感染した場合の主な症状は発熱と嘔吐。とくに、第6波では嘔吐をはじめ、おなかの不調が現れるケースが多く報告されています。

それらの症状が出た場合の対処法をご紹介します。

発熱への対処

・脇や内ももを冷やす
・解熱剤を使う
・水分をとる

嘔吐への対処

・嘔吐がおさまって30分程度待ったのち、少量の水分を頻回に与える
・吐き気止めを使う

緊急性あり? なし? 判断ポイント

一般的には、発熱など風邪のような症状が1~2日間続いたのち、自然によくなるケースがほとんどです。

また赤ちゃんの場合は、熱があってもあやすと笑ったり、手足をうごかしたりしていれば様子をみても大丈夫。

ですが、「39度以上の高熱が3日以上続く」「けいれんを起こしている」「呼びかけに反応がない」「おしっこが出ていない」「(呼吸の時に)ゼーゼー・ヒューヒュー音がする」などの症状が認められる場合には、速やかに医療機関で受診してください。

症状によっての判断基準などは、こちらの表を参考にしてください。

連絡・相談に関しては以下の通りで検索を!

・岡山市・倉敷市の方/「岡山市 コロナ 自宅療養」「倉敷市 コロナ 自宅療養」
・それ以外の市町村の方/「岡山県 コロナ 自宅療養」

UNITE FOR SMILE PROJECT

Information

子どもがコロナにかかった時の対応について
問合せ先名
公益社団法人 岡山県医師会
電話番号
086-250-5111
営業時間
8:30~17:00
休み
土・日曜、祝日
HP
https://www.okayama.med.or.jp/

<消費税率の変更にともなう表記価格についてのご注意>
※掲載の情報は、掲載開始(取材・原稿作成)時点のものです。状況の変化、情報の変更などの場合がございますので、利用前には必ずご確認ください
※新型コロナウイルス感染拡大防止の対策として、国・県・各市町村から各種要請などがなされる場合がございます。必ず事前にご確認ください
※お出かけの際は、ソーシャルディスタンスの確保やマスクの着用、手洗いや消毒など、新型コロナウイルス感染予防の対策への協力をお願いします

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS