1. Home
  2. グルメ
  3. 《岡山市/cocoro318(ココロ)》並べて眺めてにやけちゃう、キュートな小…

あのパンのとりこ

《岡山市/cocoro318(ココロ)》並べて眺めてにやけちゃう、キュートな小さめベーグル。

~指名買いしたい岡山の惚れパン~ あのパンのとりこ♥

  • 情報掲載日:2018.05.13
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

朝ごはんに、おやつに、食事に添えて…まいにちのいろんなシーンで登場する「パン」。岡山にもたくさんのパン屋さんがあり、「この店のこのパンが好き!」という自分だけのお気に入りがある人も多いのでは? パンに恋したTJ女性スタッフが、とっておきの「惚れパン」を心ゆくまで語ります!

[ナビゲーター]しょこ
TJスタッフ暦10年目のアラサー女子。パンを買いに行くために遠征し、自分でも家で焼くほどのパン好き。朝ごはんは必ずパンと決めており、なかでも一番好きなのはベーグル! 現在、パンシェルジュの資格を取るための勉強中。子どものころの将来の夢は、パン職人の旦那さんと結婚すること。

今月のテーマ

3♥パンめ 『Bakery cocoro318』の「ベーグル各種」

毎月テーマを変えてお気に入りのパンを紹介するこの企画。さて、5月のテーマは「ベーグル」です! 長年ベーグル好きを自称してきたこの私。県内外問わずさまざまな店のベーグルを食べ歩き、ときには県外有名店からのお取り寄せまで。いよいよ待ちに待った回がやってきました! みなさまはベーグルについて、どんなイメージがありますか? もともとは17世紀、ヨーロッパのユダヤ人の間で食べられており、移民によってアメリカに持ち込まれ定着していったものだそう。短い発酵時間と、焼き上げる前に一度湯にくぐらせ軽くゆでることで生まれる、独特のもちっとした食感が最大の特徴。かみごたえがあるうえに低カロリー・低脂肪。なのにずっしりしているので女性にとってはうれしいヘルシーさも魅力で、大好きという女子も多いのではないでしょうか。

今回登場するのは、東区益野町の『Bakery cocoro318』さん。こちらは2017年9月にオープンしたばかりの新しいお店ですが、早くもご近所の方々に愛されているもよう。朝早くから訪れる人も多く、ずらりと並んだ可愛らしいパンたちを前に迷ってしまうそうです。パンはどれも小ぶりで、女性が好みそうな感じのものが多いですね。紹介するベーグルも、よく売られているものと比べるとひと回り小さめサイズなので、いっぱい買っても食べられるのがうれしい!(私は1日3食がパンだったりするので余裕です!(笑))この日ラインナップされていたフレーバーは「プレーン」100円、「チョコ」「チーズ」130円、「オレンジショコラ」「りんごとクルミ」「クランベリーとクリームチーズ」150円。ほか、ゴマを練り込んだ生地でピリ辛ウインナーを巻いた惣菜系の「フランクウインナーベーグル」180円も。

写真1

ちっちゃなものってなんでこんなにかわいいんでしょう? 思わず勢いあまって全種類トレーに取っちゃいました。なかでも私が一番気に入っているのは、「りんごとクルミ」。食べるとクルミの香ばしさと巻き込まれたリンゴの甘さが広がって、味わいのバランスもいい感じ。まーるいわっかの形も、女子を惹き付けてやまないポイントですよねぇ。女の子にとっては見た目のキュートさももちろん大事! ベーグルって、その自由度の高さ、巻き込む素材によってアレンジのバリエーションが豊富なのが楽しいですね。店主の大谷さんのお話によると、「国産小麦を使うことでもっちり感が生まれます。その店の味の決め手になる酵母にもこだわっていますね」とのこと。

写真2

まるでミニチュアみたいな出で立ち。「リーンなパン」(粉、イースト、塩、水などの基本的な材料で生地を作る、油分の少ないシンプルなもの)といわれるベーグルは、そのまま食べるよりも上下ふたつにカットしてクリームチーズやサーモン、野菜なんかをサンドするのが本場のニューヨーカーの定番。私なら大好きな目玉焼きとベーコン、キュウリ、トマトをたっぷりはさんで、朝ごはんに豪快にかぶりつきたい! いろんなフレーバーのベーグルにいろんな具材を組み合わせてランチボックスにすれば、初夏のおでかけにもおしゃれでぴったり♪ 甘め素材の入ったベーグルに、あえて塩気のある具材をぶつけるのも私的「おいしい」のこだわりです!

写真3
写真3

毎日40種類くらい作るというたくさんのパンたち。なんと早朝4:00くらいから作り始め、最後のバゲット類を含め焼き上がってそろうのは9:30ごろだそう。おすすめは「明太子フランス」200円。こちらも小さめのバゲットに、たっぷり入った明太子フィリング。バターとマヨネーズ、明太子を混ぜ合わせて塗り焼いているので風味豊かな一品に仕上がっています。甘め系のパンが多いので、惣菜系のパンをもっと増やしていきたいそう。新作パンのアイデアを考えるのも楽しんでいる様子の大谷さん。ワクワクする感じが伝わってきて、こちらも新商品の登場が楽しみになりますね♪

写真4

岡山の人気店2店での修行を経て店を開いた店主。今までのお店ではベーグルはほとんど扱っていなかったそうで、「念願の自分の店ではチャレンジしてみたい!」と考えていたとか。だからこそのこのおいしさなんでしょうね。ベーグルはもちろん、バゲットにも並々ならぬ自信と愛をのぞかせる大谷さんが、自慢のバゲットを持ってパチリ★ こちらでは、購入の際パンの写真を撮影してSNSにアップすると200円までの品がひとつ無料になったり10:00まではポイントカードのポイントが2倍になったりとうれしいサービスも。可愛らしくおいしいパン、温かな雰囲気と誠実な人柄がにじみ出る店主…。知れば知るほど、もっとみんなに知ってほしい「街の愛されるパン屋さん」でした。

Information

Bakery cocoro318
住所
岡山市東区益野町25-4 [MAP]
電話番号
086-942-1800
営業時間
7:30~18:00 ※売切れ次第終了
休み
月曜(祝日の場合は営業)
駐車場
4台

関連記事

SNS