1. Home
  2. グルメ
  3. 美味至福! 県下6漁協のカキを炭火で焼いて食べ比べ。

美味至福! 県下6漁協のカキを炭火で焼いて食べ比べ。

岡山県漁業協同組合連合会水産物展示直販所『ふゅ~ちぁ~』 カキ小屋

  • 情報掲載日:2018.01.26
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
日生町・伊里・邑久町・牛窓町・寄島町・笠岡市の6つの海域で育った新鮮なカキをすべて扱っている岡山県漁業協同組合連合会直販所『ふゅ~ちぁ~』。ここに春までの期間限定でカキ小屋が登場している。『ふゅ~ちぁ~』は、水揚げされたばかりの地元の魚介類がそろう直売所で、鮮魚、刺身、漬け、焼物など加工商品が人気。


県漁連ならではの強みで、冬は6漁協から殻付カキがここに勢ぞろいする。担当の森下さん、香取さんは、「岡山のカキは広島、宮城県に続いて全国3位の生産量を誇ります。瀬戸の島々が風波からカキ筏を守ってくれることや、高梁川、旭川、吉井川の三大河川が山から海へ栄養分となる植物プランクトンを運んでくれること。さらに、海は潮の干満差が大きく水代わりと潮通しがよいという好条件のため、とても品質の高いカキが育ちます。東部・西部の海をそれぞれ思い浮かべながら、心ゆくまでご堪能ください」と語る。利用にあたっては、直販所で好みのカキ(1kg1000円=15~20個程度)を購入するだけでOK。

人数分の軍手(片手)・カキ用メス・紙皿・割りばし・おしぼり、トング、キッチンはさみは各テーブルに用意してあるので、手ぶらで行っても大丈夫。ほかにも、海産物や肉類、野菜類、加工品、酒なども購入でき、お好みの魚もいっしょに焼いたりして楽しもう。ただし、持込は厳禁なのでご了承を。
ちなみに、『ふゅ~ちぁ~』は、JR児島駅から徒歩約2分、児島観光港(写真)もとなりなので、カキ小屋と、クルージングを合わせてお出かけするのも楽しい。

カキ小屋


Information

住所
倉敷市児島駅前3-23 [MAP]
電話番号
086-473-2778(岡山県漁業協同組合連合会水産物展示直販所『ふゅ~ちぁ~』)
営業期間
2017年1月13日~4月中旬(カキの漁期終了まで)の土・日曜、祝日 ※ただし予約をすれば平日も可能
営業時間
9:00~16:45(受付は15:30まで)
料金
90分1コンロ(4名用)1名500円 ※延長の場合は30分1名200円
休み
なし
席数
48席
駐車場
100台

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS