1. Home
  2. イベント
  3. 《岡山県立博物館》令和の時代に蘇る、江戸時代の「物見遊山」な旅模様。

《岡山県立博物館》令和の時代に蘇る、江戸時代の「物見遊山」な旅模様。

  • 情報掲載日:2019.08.26
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

『岡山県立博物館』で開催される、「江戸時代の旅」にフォーカスした企画展。江戸時代の日本では、街道や宿駅が整備され、交通の利便性が大きく向上。それに伴って、庶民も名勝地や寺社仏閣を訪れる旅を楽しむようになり、諸国の名所の由緒来歴や各地の交通事情を記し、写実的な風景画を多数添えた名所図会なども数多く刊行された。とりわけ、江戸時代後期になると、伊勢参詣や金毘羅参詣が盛んになり、そこへ至る街道も大きな賑わいをみせた。本展では、さまざまな絵図や旅日記、旅道具、絵馬などの紹介を通じて、江戸時代の旅の姿をたどっていく。記念講演会や、学芸員による展示解説も予定されているので、日程などHPで確認をしよう。

Information

令和元年度企画展 物見遊山 江戸の旅模様
開催期間
2019年8月29日(木)~10月6日(日) 9:00~18:00 ※10月1日~は9:30~17:00
会場名
岡山県立博物館 第2展示室
会場住所
岡山市北区後楽園1-5[MAP]
休み
期間中は、9月2日(月)、9日(月)、17日(火)、24日(火)、30日(月)
料金
一般250円、65歳以上120円 ※高校生以下無料
問い合わせ先
岡山県立博物館
問い合わせ先
電話番号
086-272-1149
リンク
http://www.pref.okayama.jp/kyoiku/kenhaku/hakubu.htm#

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同日開催のイベント

SNS