パート・アルバイト応募フォーム
  1. Home
  2. イベント
  3. 《桂小文枝襲名披露》上方落語を支えた由緒ある名跡を、桂きん枝が襲名。…

《桂小文枝襲名披露》上方落語を支えた由緒ある名跡を、桂きん枝が襲名。桂分枝、桂文珍も集結。

  • 情報掲載日:2019.04.09
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

落語家の桂きん枝が、上方落語の名跡「桂小文枝」を襲名。その披露公演が1年かけて、札幌、名古屋、京都、広島など全国20カ所で行われる。「桂小文枝」は、明治時代から戦後にかけて上方落語を支えた由緒ある名跡。笑福亭松喬、桂米朝、桂春団治と並ぶ「上方四天王」の一人として上方落語の復興を支えた、5代目桂文枝が長く名乗っていたことでも知られている。四代 桂小文枝は68歳。名前と気持ちを一新させ、噺家生活の再スタートを切る。この27年ぶりの名跡の復活を受け、岡山で行われる公演には、兄弟子の桂文枝、弟弟子の桂文珍も駆けつけ華を添える。

Information

きん枝改メ 四代 桂小文枝襲名披露公演
開催期間
2019年6月9日(日) 14:00~
会場名
岡山市民会館
会場住所
岡山市北区丸の内2-1-1[MAP]
料金
S席5000円、A席 4500円 ※未就学児入場不可
問い合わせ先
岡山市民会館
問い合わせ先
電話番号
086-223-2165(8:30~17:00)
リンク
http://www.okayama-shiminkaikan.jp/

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同日開催のイベント

SNS