パート・アルバイト応募フォーム
  1. Home
  2. イベント
  3. 《生誕130年記念 内田百閒》岡山出身の文筆家・内田百閒の生誕130年を記念…

《生誕130年記念 内田百閒》岡山出身の文筆家・内田百閒の生誕130年を記念した特別展を開催。

  • 情報掲載日:2019.02.04
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

2019年は、内田百閒生誕130年のメモリアルイヤー。『岡山後楽園』近くで生まれた昭和を代表する文筆家である内田百閒は少年期を岡山で過ごし、東京帝国大学在学中に夏目漱石の門下生となる。ドイツ語教師となった後も文学者への志を持ち続け、幻想的な小説や身辺の出来事をユーモラスに描いた随筆を発表した。戦後は「阿房列車」「ノラや」など多岐にわたる作品を執筆し、今でも多くの読者を惹きつけている。今回の特別展では、百閒が恩師に贈った「漱石の書き潰し原稿」や書簡、俳句の軸物など、初公開のものを多く展覧し、百閒を育てた古里岡山を改めて振り返る。

Information

特別展/生誕130年記念 内田百閒 ―古里岡山を訪ねて―
開催期間
2019年2月10日(日)~6月2日(日) 9:30~17:00(入館は16:30まで)
会場名
吉備路文学館
会場住所
岡山市北区南方3-5-35[MAP]
休み
月曜(祝日の場合は翌日)
料金
一般400円、大学・高校生300円、中・小学生200円
問い合わせ先
吉備路文学館
問い合わせ先
電話番号
086-223-7411
リンク
http://www.kibiji.or.jp/

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同日開催のイベント

SNS