パート・アルバイト応募フォーム
  1. Home
  2. イベント
  3. 《髪飾りと小道具展》時代を超えて今に伝わる。江戸から昭和初期にかけて…

《髪飾りと小道具展》時代を超えて今に伝わる。江戸から昭和初期にかけての女性の想いと装飾文化。

  • 情報掲載日:2019.04.08
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

いつの時代も「美しくありたい」という女性の願いは変わらない…。江戸時代では生活が豊かになり、身なりを配慮する余裕から装飾文化が発展した。町人、商人、遊里の女性たちが中心となってその美しさを競い、身分や階層、職業、年齢、婚姻などに応じたおしゃれが誕生。「玉かんざし」「鼈甲かんざし」のような目を引く髪飾りや、「びらびらかんざし」「ガラスつきのかんざし」など、贅を尽くした飾りが黒髪に華やぎを添えた。本展では、当時の女性を美しく彩った髪飾りのほか、当時の麗しい婦人を描いた美人画などが展示される。作品を鑑賞しながら、江戸女性の「美」に関する知恵や工夫にも注目をしたい。

Information

美しい女性のみだしなみ 髪飾りと小道具展
開催期間
2019年4月19日(金)~8月4日(日) 10:00~17:00 (入館は16:30まで)
会場名
岡山・吉兆庵美術館
会場住所
岡山市北区幸町7-28[MAP]
休み
第 1、3月曜(祝日の場合は開館)
料金
大人・高校生600 円、小・中学生300円、65歳以上480円
問い合わせ先
岡山・吉兆庵美術館
問い合わせ先
電話番号
086-364-1005
リンク
http://www.kitchoan.co.jp/site/museum/

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同日開催のイベント

SNS