『岡山のおいしい店(ごっつぉ)』2022年版『岡山のおいしい店(ごっつぉ)』2022年版 『岡山のおいしい店(ごっつぉ)』2022年版
  1. Home
  2. イベント
  3. 《岡山芸術創造劇場 ハレノワ》新劇場の「創造」について考えるシンポジウ…

《岡山芸術創造劇場 ハレノワ》新劇場の「創造」について考えるシンポジウム開催。オンラインライブもあり!

岡山芸術創造劇場 ハレノワ プレ事業 いどばたシンポジウム2021「創造型劇場って何なん?」

  • 情報掲載日:2021.10.08
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

『岡山市民会館』と『岡山市立市民文化ホール』に代わる、「新しい文化芸術施設」として建設が進んでいる『岡山芸術創造劇場 ハレノワ』。2023年9月のグランドオープンを目指して着々と準備が進んでいる。

『岡山芸術創造劇場ハレノワ』では、「魅せる」「集う」「つくる」というコンセプトに沿って、優れた舞台芸術作品の鑑賞や、アーティストと市民が出会う体験型ワークショップなどでの交流、演劇・ダンスの作品創りなどを行なっていく。

これらによって、「心豊かな市民生活、活力とにぎわいあふれる地域社会の実現」「未来にはばたく子どもたちの育成」「創造力を養い、文化力を育む都市基盤の構築」を目指しているのだ。

『アンティゴネ』©Christophe Raynaud de Lage
「穂の国の『転校生』」撮影:萩原ヤスオ

当施設のプレ事業として実施される「いどばたシンポジウム2021『創造型劇場って何なん?』」は、「『創造型劇場』って何?」「この劇場で何が起こっていくの?」「誰が何をどうやってつくるの?」などといった疑問について、パネルディスカッションや他都市の創造型劇場の例などを通じて、新劇場の「創造」について考えていく取組みとなっている。

花柳 大日翠
平井優子

「他都市から学ぶ事例紹介」では、『SPAC-静岡県舞台芸術センター』芸術総監督の宮城聰氏と、『穂の国とよはし芸術劇場PLAT』芸術文化プロデューサーの矢作勝義氏が登壇。

宮城聰
©Takashi_Kato
矢作勝義
撮影:伊藤華織

「みんなで考えるパネルディスカッション」には、日本舞踊家の花柳大日翠氏、ダンサー・演出振付家の平井優子氏らも参加。劇場スタッフも加わって、意見交換を実施する。

会場は、JR岡山駅西口にある『リットシティビル』2階の『ひかりの広場』。会場参加は60名限定の予約制で、オンラインライブ配信も行なわれる。

イベントの詳細はこちらをチェック

会場参加を希望の場合は、こちらから申込みを!

オンラインライブ配信はこちらから。

※オンライン配信は事前申し込みは不要

Information

岡山芸術創造劇場 ハレノワ プレ事業 いどばたシンポジウム2021「創造型劇場って何なん?」
開催日時
2021年10月30日(土)13:30~16:30
会場
リットシティビル2階 ひかりの広場
住所
岡山市北区駅元町15-1
申込み締め切り
2021年10月20日(水)
定員
60名(予定) ※応募多数の場合は抽選を実施
申込み方法
・下記URLから申込フォームへアクセスのうえ、必要事項を入力して申込み
・氏名・メールアドレス・電話番号を記入のうえ、FAX/メールにて申込み
問合せ・申込み
岡山芸術創造劇場「いどばたシンポジウム」係
電話番号
086-225-0154
FAX
086-225-0156
e-メール
theaterplanning_info@ocac.jp
申込フォーム
https://www.ocac.jp/theater/
※複数人数で参加を希望する場合は、人数と全員の氏名を記入のこと

<消費税率の変更にともなう表記価格についてのご注意>
※掲載の情報は、掲載開始(取材・原稿作成)時点のものです。状況の変化、情報の変更などの場合がございますので、利用前には必ずご確認ください
※新型コロナウイルス感染拡大防止の対策として、国・県・各市町村から各種要請などがなされる場合がございます。必ず事前にご確認ください
※お出かけの際は、ソーシャルディスタンスの確保やマスクの着用、手洗いや消毒など、新型コロナウイルス感染予防の対策への協力をお願いします

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS