岡山のおいしい店 -ごっつぉ2020年版-岡山のおいしい店 -ごっつぉ2020年版- 岡山のおいしい店 -ごっつぉ2020年版-
  1. Home
  2. イベント
  3. 《范曽美術館 特別開館》年に3日の特別公開。「幻の美術館」が今年も開館!

《范曽美術館 特別開館》年に3日の特別公開。「幻の美術館」が今年も開館!

  • 情報掲載日:2020.02.03
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

1年間に3日間のみの特別公開のため「幻の美術館」と称される、『西大寺バスセンター』2階にある『范曽(はんそう)美術館』。今年も西大寺がもっともにぎわう「西大寺会陽」にあわせての開館となる。人物画の鬼才と称される范曽は、詩・書・画に優れた三絶の画家として「東洋の至宝」との高い評価を受ける中国人画家。本年は干支である子(ねずみ)にちなんで、少年時代の雪舟が足の親指につけた涙で本物そっくりのねずみを描いたという逸話をもとにした「雪舟童子図」が展示される。范曽の傑作中の傑作「竹林七賢図」は、范曽自身が「未だかつてこれほどまでに苦悩し心血を注いだ作品はなかった」と真情を吐露した作品だ。また、亀の甲羅を用いて占いをする様子を描いた「屈原ト占図」が約20年ぶりに公開されるのにも注目をしたい。

Information

(公財)両備文化振興財団 范曽美術館 ー年に3日間だけの特別公開-
開催期間
2020年2月14日(金)~16日(日) 10:00~16:00 (入館は15:30まで)
会場名
范曽美術館
会場住所
岡山市東区西大寺上1 両備バス西大寺バスセンター2階[MAP]
料金
大人1000円、学生(高校生以上)500円、中学生以下無料
問い合わせ先
夢二郷土美術館(岡山市中区浜2-1-32)
問い合わせ先
電話番号
086-271-1000
備考
※開館は1年で3日間のみ

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同日開催のイベント

SNS