1. Home
  2. イベント
  3. 初の試み、国宝・旧閑谷学校講堂×アートイベント。「セラミックアートビゼ…

初の試み、国宝・旧閑谷学校講堂×アートイベント。「セラミックアートビゼン in 閑谷」がすごい!

セラミックアートビゼン in 閑谷

  • 情報掲載日:2018.10.12
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

日本遺産・旧閑谷学校では、「備前焼まつり」と同時開催で、10月20日(土)、21日(日)に旧閑谷学校史上初となるアートイベントが開かれる。江戸時代初期に建てられた伝統建築と自由造形のコラボは、新しい美と感動、未来への可能性を感じさせてくれるに違いない。なかでも国宝の講堂を使った「備前焼×フローリスト杉本一洋」に注目を。国内外で受賞している岡山県のフローリスト・杉本氏が「生命」をテーマに、備前焼作家の隠崎隆一・川端文男・小西陶藏・矢部俊一などの現代作品とコラボ。20日(土)には、デモンストレーションを見ることができる。また庭では、ロンドン芸術大学の学生チームと備前焼作家による共作モニュメント、備前とオックスフォード大学の陶芸作家が協力して創設した「穴窯」で焼いたオブジェ5体が展示される。見るだけではものたりない人は、陶芸ワークショップ(3500円~)、多肉植物の寄せ植え(3500円)にぜひ参加を。お菓子や紅茶が用意された「備前焼×英国スタイルティータイム」も楽しみにしたい。史跡入場口前では、バーナードリーチと民芸食器で有名なイギリスの「リーチ工房」からゲスト作家のカラム氏が来日。彼が備前で制作した作品のほか、若手備前焼作家のモダンな備前焼などが販売される。無料送迎バス、ワークショップの予約など詳細は、専用HP(http://ceramicartbizen.com/)をチェックして。











Information

セラミックアートビゼン in 閑谷


開催日時

2018年10月20日(土)、21日(日)9:00~17:00

会場
特別史跡旧閑谷学校

会場住所

備前市閑谷784 [MAP]

料金

大人400円 小・中学生100円 65歳以上200円

問合せ

備前市文化振興課内 備前アートプロジェクト実行委員会事務局

電話番号

0869-64-1837

HP
http://ceramicartbizen.com/




この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS