『岡山のおいしい店(ごっつぉ)』2023年版岡山ラーメン本 2022 『岡山のおいしい店(ごっつぉ)』2023年版
  1. Home
  2. イベント
  3. 《備中あんたびスタンプラリー》あんこスイーツを巡って、素敵な賞品GET。…

《備中あんたびスタンプラリー》あんこスイーツを巡って、素敵な賞品GET。アナタも「備中あんバサダー」になれるかも?!

「備中あんたびスタンプラリー」体験リポート

  • 情報掲載日:2022.11.25
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

「あんこ」を巡るスタンプラリー「備中あんたび」が開催中です!

日本のあんこ文化を語る上で、備中エリアを外すことはできません。

というのも実は備中は丹波や北海道とともに小豆の名産地で、名実ともにトップクラスの小豆を世に送り出しているから。

ふっくらと風味豊かで、上質な味わいの備中あんこを使ったスイーツは、あんこファンならずとも心奪われるに違いありません。

2022年10月1日(土)~12月4日(日)の日程で好評開催中の「あんたび」では、各参加店でスタンプラリーを実施中。

甘いもの好きにはたまらない、「あんこを巡る」スタンプラリーで、「日本あんこ協会」が監修協力。倉敷市ほか9市町27店舗が参加する、観光キャンペーンとなっています。

スタンプを集めると素敵な商品が当たるほか、各店であんこスイーツを購入した方には、「オリジナルあんこカード」も貰えます。

今回は「momoco」のインフルエンサーとして活躍する、スイーツ大好きモデル・おざきゆかりさんが「あんたび」に挑戦します!

食べるのがもったいないくらい! カラフルな「あんたび団子」に心躍る

みなさん、こんにちは。「momoco」で活動しているインフルエンサー・おざきゆかりです。

昔からスイーツに目がない私。今回の「あんたび」企画には、もう何日も前から楽しみにしていました。

スタートは、カラフルな串団子が人気沸騰している、矢掛町の『t2Lab.』です。

まずは矢掛町の観光情報がそろう『山陽道やかげ宿』へ。車は駐車できるし、町並み歩きに便利なパンフレットも入手できますよ。

和洋折衷のムードに民芸箪笥やアンティークテーブルが趣を添えるオシャレな『t2Lab.』。店舗デザインは、前職が商業デザイナーだというオーナー自らが手掛けられたそうです。

思わず「わぁ!!」と嬉しい声が出てしまうほど、キュートな「あんたび団子」770円。備中あんこにラズベリーの酸味が溶け合う「やかげ」、手作りさくらあんが私好みの「さくら」、炒った枝豆から作る「ずんだ」、「大学芋」「紫芋」など、5つの味が楽しめちゃいます。

甘みを含んだ米粉を使ったお団子は、モッチモチの食感がたまりません! そして、串はなんと、かりんとうで作られているから全部食べられるんですよ。ただし折れやすいので、串を持ち上げる時には注意してくださいね。もちろん、テイクアウトも可能です。

スタンプを押してもらい、「オリジナルあんこカード」を受け取ったら、腹ごなしを兼ねて町並みを散策します。なまこ壁や格子窓が情緒たっぷりの矢掛の古い町並みは、いつ訪れてもどこか懐かしい空気を感じます。

人気洋菓子店がリクエストに応えて作った、備中大納言小豆の「西洋まんじゅう」

店名の「ウォールウォーレン」とは、ドイツ語で「心づくし」という意味なのだとか。

そんな温かな思いが込められたフルーツたっぷりの洋菓子や焼き菓子のファンは多く、地元はもとより足を伸ばして買いに来られる方もおられます。

町内に住むお客さんの中には年配の方も多く、その人たちからの「ケーキと一緒に和菓子も買えたらいいですね」の声がきっかけで作り始めたというのが「真備焼き」1個165円。オーナーの細やかな心づかいが伝わってきますね。

もっちりとした薄皮の中に、自家製粒あんがたっぷり詰まった「真備焼き」。なめらかなあんは優しい甘みで、何個でも食べられそう! 総社産の白桃ジャムを白あんに練り込んだ「白桃」1個165円もあります。

この日は取材で伺ったため、特別に工房にお邪魔させていただくことができました! 甘い香りに包まれた工房内に入ると自然とテンションも上がります。ひとつひとつ丁寧に成形されていく様子を間近で見ると、作り手の真心がしっかりと伝わってきます。

生地から仕込む懐かしのコッペパンに、ほくほくの芋あんと備中粒あんが溶け合うまんまるコッペ

酒津公園のすぐ近くの住宅街にある、コッペパン専門店『まんまるコッペ』。

木の温もりに満ちたすてきなお店です。店主が自家製酵母で仕込んだ生地を、毎日早朝から焼き上げ、具はオーダーが入ってからサンド。おやつコッペとおかずコッペを合わせて約30種類を用意していて、いつも作りたての味で人気を呼んでいます。

こちらでご紹介するのは「焼きいもあん」280円です。備中小豆を使った粒あんと、ホクホクのた「紅あずま」の甘露煮が絶妙にマッチ。素朴で食べ応えも満点で、お子さんのおやつにもぴったりです。

地産地消を意識した季節のフルーツや食材をサンドした限定メニューもあるうえ、年2回はメニューを入れ替えるからか、リピーターも多いそうです。特に窓辺の席は眺めがよくて最高です!

コーンクリームスープ、コーヒー、カフェオレなど温かいドリンクメニューもあるので、酒津公園でコッペパンランチもいいですね!

稀少な白小豆と和三盆の上品な甘み。伝統的な製法を守り続ける職人の味わいを

本日、最後に訪れたお店は名物のきびだんごや調布で知られる「廣榮堂 倉敷雄鶏店」です。

おすすめは備中白小豆に和三盆を加えた「備中白小豆羊羹」1本(400g)2484円。栽培が難しいといわれる備中白小豆を使って、職人さんが昔ながらの手作り製法で仕上げる高級感たっぷりの羊羹です。

日頃の感謝を込めて、両親へのお土産に「備中白小豆羊羹」を買って帰ることに。家で一緒にゆっくりいただくのを楽しみにしつつ、4枚目の「オリジナルあんこカード」をGETしました!

Information

備中あんたびスタンプラリー
問合せ
倉敷市観光課
電話番号
086-426-3411(平日8:30~17:15)
HP
https://www.kurashiki-tabi.jp/event/33082/

<消費税率の変更にともなう表記価格についてのご注意>
※掲載の情報は、掲載開始(取材・原稿作成)時点のものです。状況の変化、情報の変更などの場合がございますので、利用前には必ずご確認ください
※新型コロナウイルス感染拡大防止の対策として、国・県・各市町村から各種要請などがなされる場合がございます。必ず事前にご確認ください
※お出かけの際は、ソーシャルディスタンスの確保やマスクの着用、手洗いや消毒など、新型コロナウイルス感染予防の対策への協力をお願いします

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS