1. Home
  2. イベント
  3. 《津山洋学資料館夏季企画展》外国の書物に描かれた不思議な生き物たち。

《津山洋学資料館夏季企画展》外国の書物に描かれた不思議な生き物たち。

  • 情報掲載日:2018.06.25
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

津山市を中心とする美作地方(岡山県北東部)は、江戸時代後期から明治初期にかけて、宇田川家や箕作家をはじめとした、日本の近代化に貢献した優秀な洋学者を輩出している。旧出雲往来に沿い、国重要伝統的建造物群保存地区にも選定されている「城東地区」に位置する『津山洋学資料館』は、郷土ゆかりの洋学者の業績を紹介するため開館された、全国的にも珍しい「洋学」がテーマの施設だ。今回の企画展では、江戸時代にオランダ船がもたらした外国語の書物に、さまざまな動物の姿が描かれていたことに着目。当時の人を驚かせた「不思議な生き物たち」を本や版画などを通じて紹介する。

Information

津山洋学資料館夏季企画展「洋書が伝えた不思議な生き物」
開催期間
2018年7月7日(土)~9月24日(月) 9:00~17:00(入館は16:30まで)
会場名
津山洋学資料館
会場住所
津山市西新町5 [MAP]
休み
月曜(祝日の場合は翌日)、7月18日(水)、8月14日(火)、9月19日(水)
料金
一般300円、高校・大学生200円 ※中学生以下は無料
問い合わせ先
津山洋学資料館
問い合わせ先
電話番号
0868-23-3324
リンク
http://www.tsuyama-yougaku.jp/

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同日開催のイベント

SNS